増大器具

手術の仕上がり、口コミNo1!

増大器具は効果あるのか? 主な種類・タイプ

 

ペニスが小さいとパートナーを満足させにくいので悩んでしまう男性もいます。

 

そんな男性の中にはペニスを増大させるための器具を使用している人もいます。

 

そのペニス増大器具の一つに牽引型とポンプ型の器具があります。

 

ペニス増大器具のポンプ型は、ペニスをポンプの中に入れて吸引して大きくさせる器具となっており、様々な種類がありますが基本的に吸引する力でペニスを増大させるというものです。

 

牽引型の増大器具は文字通りペニスを引っ張って増大させる器具となっており、ペニスに引っ張る力を与えて徐々に長くさせていくというものです。

 

どちらも簡単に手に入れられて気軽に試すことができますが、確実にペニス増大の効果が得られるわけではありません。

 

 

各種使い方と期待できる効果

 

 

ペニス増大器具のポンプ型は様々な種類がありますが、基本的な原理はどれも同じとなっており、ポンプの中に入れたペニスをシリンダーで吸引し、細胞を分裂させたり海綿体に流れる血流量を増やしてサイズアップ効果を得ようとするものです。

 

また、ポンプ型には大きく分けて2種類あり、真空増大ポンプと水圧式増大ポンプです。

 

真空増大ポンプは空気の力を利用した器具となっており、ペニスを入れたシリンダー内の空気を抜いて真空状態にし、そこにマイナスの負荷をかけることによって増大させるというものです。

 

水圧式増大ポンプは水の圧力を利用して増大させる器具となっており、強力な吸引性と均一な加圧力によって増大させるというものです。

 

また、増大ポンプには日本製と海外製があり、日本製は壊れにくいとされていますが、海外製はシリンダー内の空気が漏れたり部品と部品との接続部分が取れてしまうなどの問題が起こりやすいとされています。

 

牽引型はペニスを引っ張る器具となっており、亀頭部分と付け根部分を2つのリングで突っ張らせ、ペニスを伸ばすような力を与えることによって埋もれている部分を引っ張り出したり伸ばしたりします。

 

本当にペニス増大の効果があるかは不明ですが、このような器具だけでペニスが大きくなるとは考えられません。

 

 

確かに血流は良くなるかもしれませんので、装着しているときの一時的な増大効果はあるかもしれません。

 

それに、こうした器具だけで大きくなるのであれば、今頃多くの人がいわゆる巨根になっているのではないでしょうか。

 

 

効果以前に危険です!

 

ペニス増大器具は効果があるとは考えられませんし、効果以前の問題があります。

 

それは危険を伴うということです。

 

吸引ポンプ型の危険は無理な吸引による内出血や血管の破壊という危険です。

 

基本的に吸引ポンプ型は強制的に海綿体へ血液を送り込むので、結果的に海綿体に負担をかけてしまうのです。

 

牽引型の増大器具は体内の埋もれた海綿体を引っ張り出すのですが、無理に引っ張り出す形になりますので、器具を付けている亀頭や付け根に負荷がかかってしまい、水ぶくれや裂傷などの危険があるのです。

 

また、増大器具は長時間に渡って装着しないといけませんが、付けっぱなしにしていると最悪の場合は壊死状態になってしまって、勃起不全になる危険性もあります。

 

このようにペニス増大器具は効果以前の問題がたくさんあり、使用した多くの人は長時間使用によって痛みに耐えられなくなると言われています。

 

痛みに耐えながら無理して効果が得られないのは、はっきり言って無駄な努力ですしお金の無駄になりますので、増大器具にお金をかけるくらいなら増大サプリのシトルリンDXを使用したほうが良いでしょう。

 

増大サプリは危険はありませんし増大器具より安く手に入れることができます。

 

もし、これから増大器具を使用する考えをお持ちの人は危険があるということを考えて、増大サプリに考え直した方が良いと言えます。

 

圧倒的配合量!シトルリンDX