増大サプリは本当に効果があるのか?

手術の仕上がり、口コミNo1!

 

ペニス増大手術

 

ペニス増大手術というのは自由診療になるので、いわゆる病院の言い値の部分になります。ですから、病院によって手術料金はまちまちになるのですが、それでも相場というものが存在しているようです。

 

ここでは、その相場価格に近い(言ってみれば平均に近い)増大手術の金額を紹介します。

 

また、増大手術は包茎手術と込み込みにしているところもあります。
包茎で悩んでいる人の多くは、短小にも悩んでいるということで、包茎手術+増大手術を希望する人も多いのです。

  • 包茎手術:5万円〜15万円
  • 亀頭増大術:12万円
  • 長茎術:15万円

長茎術でも埋没した部分を露出する、いわゆる引っ張り出す手術については3万円となります。

 

増大術については、半永久的な定着タイプとなっていて、求める大きさの度合いによっては、上は100万円を超える場合もあります。

 

いずれにしても、自由診療で金額も千差万別です。また、求める大きさによって金額に開きが出てくるので、入念なカウンセリングをしてくれる病院が一番の目安となると思います。

 

また、病院によってはキャンペーン価格と銘打って手術料金が安くなっている場合もあるので、手術を望むのであれば、まずはサイトでの料金確認をすることが先決になります。

 

増大手術にもいろいろあります

 

一口で増大手術と言っても、様々な手法があります。

 

ペニスの大きさを長さではなく、実際の大きさで判断したい場合は、太さよりも亀頭の大きさを重視したほうが良い場合があります。
そうなるとベストな選択は、亀頭増大ということになるのですが、亀頭を増大するのに多くの病院で行われているのがヒアルロン酸の注入です。

 

切らずに、注入のみで手術が終わります。時間も10分程度となっていて、ケアの必要もないといった、まさに最先端の施術と言えます。

 

ペニス増大術というのは、実は通常時のペニスを大きくすることで、実際に多くの男性が期待する勃起時のペニスの大きさを指すものではありません。
勃起時のペニスの大きさを考えるのでしたら、シリコンボールやシリコンリングの挿入が効果的です。勃起時のペニスの大きさというよりも、女性により快感を与えるための手術という側面がとても大きい手術となります。

 

多くの男性が望むのが、ペニスの長さです。
実際にはオシッコするのにも窮するような、長さのペニスもあります。
そのようなペニスは、埋まった部分を引き出す手術が必要になります。
それが長茎手術なのです。

 

ペニスがそれまでと見違えるように長くなりますので、それまで抱いていたコンプレックスを解消するには十分な手術となります。

 

おすすめクリニックはこちら=増大手術の種類

 

 

圧倒的配合量!シトルリンDX