増大サプリは本当に効果があるのか?

手術の仕上がり、口コミNo1!

L-シトルリンとは? どんな効果がある?

 

L-シトルリンをインターネットで検索する男性は多いのではないでしょうか。

 

多くの男性はL-シトルリンがペニスの増大効果あると聞いたことがあるからでしょう。

 

結論から言いますとL-シトルリンにはペニスを増大させる効果があります。

 

このL-シトルリンには一酸化窒素を作り出すことや増やす働きがあり、一酸化窒素が増えることによって血管が拡張されて血流量を増やすことができます。

 

ですので、血流が増えることによってペニスの海綿体に血液が大量に流れ込み増大効果が得られるのです。

 

また、強い強壮効果も得られますので性行為をはじめとする様々なことに活力を持つことができます。

 

それに、全身の血液の巡りが良くなりますので、美容効果やダイエット効果なども得やすくなりますし、様々な部位での健康をサポートしてくれます。

 

増大効果や強壮効果を得ながら動脈硬化を防ぐ効果もありますので老若男女問わず健康を維持することができます。

 

動脈硬化は血管の内側が狭くなって詰まりやすくなる深刻な症状ですが、L-シトルリンによって血管が拡張されて血流が良くなることで防ぐことができるのです。

 

L-シトルリンには、このような様々な効果がありますので、特にペニスを増大させたい男性は摂取したほうが良い成分と言えます。

 

 

よく比較されるアルギニンとの関係

 

シトルリンとアルギニンは本来同じ成分となっていますがアミノ酸構造が違うとされています。

 

シトルリンは体内入っても、そのまま使われることはありませんのでアルギニンに変換されます。

 

アルギニンは体の細胞を作ることや精液の材料になったりするなど、様々なことに使われた後に尿素回路の中でシトルリンに変わっていきます。

 

その時に一酸化窒素を作って血管が拡張されて血流が良くなります。

 

こうしたことからも分かるように、シトルリンを摂取したほうがアルギニンに変換された後に体への吸収が良くなりますので、シトルリンとアルギニンは一緒に摂取したほうが良いのです。

 

簡単に言えばアルギニンの良さをシトルリンが全身に万遍なく行き渡らせるというお互いにとって良い関係があるということです。

 

それに、アルギニンの多くは肝臓で代謝されてしまいますが、シトルリンは代謝されません。

 

だから、シトルリンは体内でアルギニンに変わったほうが有益性が高くなるのです。

 

シトルリンとアルギニンを含むサプリを飲めば同時摂取できて増大効果が得やすくなりますので、両方ともに含んでいる増大サプリのシトルリンDXがおすすめです。

 

 

ペニスを増大させるには配合量に注目

 

ペニスを増大させるために必要となるシトルリンとアルギニンですが、ただ少量を摂取しているだけでは効果が得にくくなってしまいます。

 

ですので、配合量を多くする必要があります。

 

また、1日に摂取したほうが良いシトルリンの量は約800mgとされています。

 

しかし、シトルリンを800mgも摂取しようとするのは大変なことです。

 

シトルリンを最も多く含むスイカでさえ約180mgしか摂取することができません。

 

これでは到底ペニスを増大させるだけの1日の摂取量には及びません。

 

それに、多くの増大サプリも約800mgという配合量を満たしていることがありませんが、シトルリンDXは800mg以上となっています。

 

正確にはシトルリンを900mgも配合しているのです。

 

だから、シトルリンDXを飲み続ければペニスを増大させることができます。

 

同じようにアルギニンも配合量は多いほうが良く、アルギニンと同じくらいの摂取量が理想ですので、相乗効果を得るためにもアルギニンも含んでいるシトルリンDXが良いと言えるでしょう。

 

これからペニスを増大させようと思っている人はシトルリンDXを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

圧倒的配合量!シトルリンDX